パターンオーダーで始めるビスポーク

長谷川 雄治
101回表示・読了見込 6

機能性もデザイン性も両立したいBLUE B NOSEは、月額1万円というお手頃価格を実現しました。高機能かつハイクオリティなWebサイトをお届けできるのは、パターンオーダーによる提案型だから。なぜ安価にできるのか、なぜパターンオーダーを選択したのか。その裏側を解説します。

「安価なWeb制作」、それも「テンプレートを使ったWeb制作」となると、どんな印象を持ちますか?

筆者の個人的な見解ですが、一般的には「安かろう悪かろう」のイメージで、コストを抑えられても効果は期待できない、ちょっと残念なWebサイトが出来上がる、イメージでしょうか。

機能面や情報量に制限があったり、デザインは良いのだけど内部のSEOに問題があったり、逆にSEOには優れているけど、見栄えや操作性に難があったり。「安くても仕方ない」と思うWebサイトになるのが一般的でしょうか。

だからと言って、今のご時世、そう簡単にWebサイト制作やWebマーケティングに大金は投じられませんよね? 費用対効果が掴めない上に、時代の変化、トレンドの変化を捉えきれず、回収が見込めない可能性がある取り組みに、貴重な人材もお金も時間も割きたくない。

そんな不安や不満を解消し、十分に機能するWebサイトをお届けする方法があると言ったら、どうでしょう? そんな美味い話はない? そう身構えず、ちょっとだけ話を聞いてもらえませんか。

目次

「安くて良いもの」は道理に反する

例外がないとは言いませんが、一般的に「良いものは高い」です。安くて良いものは貴重だし、値段が張るからこそ「良い」と判断するのも、当然の反応でしょう。

そこについては、当サービス「BLUE B NOSE(以下:BBN)」も同様です。

十分に機能するWebサイト、良いWebサイトを手に入れるためには一定の投資が必要になる。その道理を捻じ曲げるつもりはありません。(痩せ我慢という無理による参入障壁のために、若干捻じ曲げている部分はあったりします)

だからこそ、「安くて良いもの」は貴重だし、それが有意な差別化にも繋がります。

Web制作の世界でも、同様のことができないのか。

機能性もデザイン面も十分なWebサイトを、お手頃価格で無理なく提供する方法はないものだろうか。

そこで登場するのが、パターンオーダーです。工数や費用を削減しつつ、一定の品質も担保するパターンオーダーの利点を解説します。

「ゼロから作らない」から価格を抑えて素早く提供できる

Webデザインをする上で必要な部材、構造物というのはある程度の型が存在します。
レイアウトという大きな型もそうですが、文字のサイズやボタンの余白、コントラストを確保した配色、一覧や表といった部分も、ある程度の共通パターンがあります。

それらを踏まえ、Web制作の業界には著名なテンプレートやテーマ、有名なフレームワークと言ったものがいくつも存在しています。

すでに用意されたパターン、テンプレートから作ると聞くと、オリジナリティが低くなるイメージをお持ちかもしれませんが、短期間で膨大な工数を捌く必要があるやり方より、工数の面でも品質の面でも一定の品質を保つには有効な手段であり、価格面、納期の面でも利点があります。

また、BBNのパターンオーダーではいわゆるテンプレートの中でもデザインシステムや、独自のテーマを採用することにより、パターンによる利点も感受しながら、より柔軟に作り変えられる環境を用意しています。

これまでの経験を元に生み出した数々のパターンと、それを駆使して新たなものを作り上げる経験、スキルも有しているので、限られたリソースを有効活用しつつ、パターンオーダーを採用しない場合よりも遥かに満足度の高いWebサイトをお届けできます。

パターンオーダーから「ビスポーク」へ

ビスポーク(bespoke あるいは be spoken)とは、オーダーメイド(正確にはテーラーメイド)やカスタムメイドの一種で、その中でもテーラーと「話をしながら」お客様一人一人に最適なモノづくりをすることを指し、より高度なカスタマイズ、より高品質な一点物、一生物の商品を生み出す仕組みです。

お客様の要望に応えるだけでなく、テーラーが専門家として提案したり、先導者としてより良い方向へ促すことも大切になってきます。

Webサイトを制作する場面においても、制作する側が単なる一事業者として関わり、顧客の要求を現実化する製造装置、追従するだけのツールと化してしまうと、コストや工数、リスクの増大に歯止めをかけられなくなりますが、顧客と対等の関係、あるいは専門家として見てもらうように向き合えば、コストや工数、リスクのコントロールも容易になります。

数々のWebサイトを制作してきた経験を凝縮させたパターンオーダーから、どんなやり方なら無理がないか、サイト運営やビジネスを継続しやすいのか、情報伝達の世界の専門家として知見をお伝えしつつ、「ビスポーク(話をしながら)」でより良い方向を見定め、一緒にベストな形を見出していく。

コストをかけるべきところ、勝負所を見極めつつ、こちらから目指す方向、必要な作業を絞り込んで提示することで、あらゆるリソースを効率よく投じることが可能なので、「コストを抑えながら高品質」を追求することも可能となっています。

制作者側の都合や、効果に対する期待調整、効果保証代わりの低価格という面も

顧客、クライアントのご要望にもできうる限り応えたいとは思っていますが、Webサイト制作における専門家として、「こうした方が良い」というものを優先することが度々あります。そもそも、月額制のモデルを提示するのも、作り手として「こうしましょう」をまとめた結果でもあります。

我々のワガママにお付き合いいただくお詫びの意味も込め、価格を抑えている面が多少はあります。

また、専門家としてソリューション、マーケティングも込みのご提案がセットのサービスとなっていますが、必ずしも上手く行くという保証もできかねます。精一杯の努力は致しますが、最後の最後は蓋を開けてみないとどうなるか分からない世界のため、「絶対に上手く行きます」とお約束することもできません。

その上、2020年代も半ばに差し掛かる昨今では、多少良いWebサイトを用意したり、入念に準備したWebマーケティングを実施しても、いわゆる「銀の弾丸」シルバーブレットの役割を果たせるとは思えません。

提供する側としてはしっかり期待に応えたいところではありますが、そこまで期待を込められても現実的にできることが限られているので、投じた額を超える結果を目指しはしますが、過度な期待はお寄せいただかないように、高すぎない価格を設定しております。

万が一上手くいかなくても、途中まで作り込んだものは同価格帯でもそれなりにハイクオリティーなWebサイトにはなるはずなので、マーケティングやソリューションが大外れした場合でも、概ね損はしない価格になっていると自負しています。

パターンオーダーと独自戦略、積極提案の組み合わせだから早くて低コスト

数々のWebサイトを作ってきたから、それぞれのWebサイトに共通する部位やレイアウトが分かっています。数々の上手くいかないWebサイトやマーケティング施策を見てきたからこそ、どこでコストがかかり、どの順番にリソースを割かないと回収が困難なのかもよく分かっています。

いきなり大きな収益を上げるようなWebサイトはご提案できませんが、時間をかけてじっくりオンラインプレゼンスを高め、攻め時や攻める相手をしっかり見極めながら守りを固めるWebサイトなら、いくらでもご提案可能です。

持続可能なWebサイト制作、あるいはWebマーケティングはいかがです?

早くて表現力豊かなパターンオーダーから、あなただけのベストなWebサイトへ

今の時代に必要十分な機能を盛り込んだ、早くて表現力豊かなWebサイトをお手頃価格でお届け可能なBBN。一人でも多くの方に、高機能なWebサイト、しっかり機能するWebマーケティングをお届け出来ればという一心で、創意工夫を重ねてきました。この機会に、皆様にもご利用いただけたらと願っております。

効果保証が難しい今だからこその低価格。申し込まれるなら、今がチャンスかも?

月額制を選択した理由はこちらの記事へ

価格を抑えた方法、パターンオーダーを選んだ理由にご納得いただけたら、月額制モデルを選んだ理由を解説しているこの記事もオススメです。

時代を超えて愛されるWebサイトを目指して

「BLUE B NOSE」は時代を超えて愛されるWebサイトをお届けするために、月額制モデルを選択しました。OODAループやPDCAサイクル、データ・ドリブンに基づく継続的な改善を選んだ理由や、当サービスの目標、当サービスの特長を簡単にご紹介します。
長谷川 雄治
サービスについて

シェア・共有

長谷川 雄治
昭和63年生まれ。大阪電気通信大学 総合情報学部 デジタルゲーム学科卒。
2011年からWeb制作に従事。コーディングやWordPressのカスタマイズ等を主に経験を積む。2013年、仮面ライターとして独立開業。マーケティングや企画、上流も下流も幅広く対応。
コーディングとコンテンツ制作の同時提供を考えるヘンな人。
BLUE B NOSEでは開発等を担当。

関連記事

最新記事

人気記事

コストを抑えたWebサイト制作に最適 速くてリッチなWebサイトが、月額10,000円〜

メールでお問い合わせ ご利用の流れを確認する